福岡に移住するなら飯塚移住計画。移住者の声

移住者の声-Interview-

2018.03.25

イラストレーター ウラケンさん

 

イラストレーター ウラケンさん

 

 

1983年佐賀県鹿島市生まれ。地元の高校を卒業後上京し、CM制作会社を経て2009年よりイラストレーター、CMプランナー、コンテマンに。Webやアプリ、広告のイラストレーションを中心にマンガ、キャラクターデザイン、ロゴデザイン等を手がける。今回は飯塚市に短期移住してもらい、体験した出来事を漫画にしてもらいました。

 

 

 

実際に飯塚に移住体験をしてみて

 

 

飯塚市に行ってみてまず思ったのは、土手感がすごくいいなー!ということですね(笑)
街の中心にシンボルになるボタ山とその近くを流れる大きな川(遠賀川)があって。
ここでキャッチボールしたり、散歩したりすると気持ちいいんだろうなーっと思いました。
残念ながら移住体験したのが2月だったので寒かったんですけど(笑)
それでも空が広くてゆったりした街の空気感みたいなものがあって、住み心地の良さそうな雰囲気みたいなものは感じることが出来たように思います。あと勝盛公園、大将陣公園などの公園も遊具も充実していて娘を連れてきたらとても喜んだでしょうね。

 

また車さえあれば国道200号沿いにお店も揃ってて、福岡も北九州も近い印象ですね。
実際に住んでみても満足度に繋がる大事なことだと思います。

 

 

 

 

街の人と触れ合ってみて

 

 

今回の移住体験で街の人に声をかけて話を聞かせてもらったのですが、いきなり話しかけてもフレンドリーに接してくれる人が多くて驚きました。商店街で話を聞いてた時には、近くにいたオバちゃんが「ウチの店でも話を聞いていかんね!」みたいな感じで話しかけてくれたり。あと美人なママさんが多かったです(笑)

飯塚市に移住体験をしてみて、お店や公園や食べ物なんかに触れて住みやすくていい街だなと感じましたし、実際に住んでみるときっと好きになると思います。まずは飯塚市に遊びに行ってみて、河川敷の雰囲気や美味しい食べ物を味わってみるといいのではないでしょうか。

移住者の声一覧-Interview-

TONE GRAPHICS 木村さん

筑豊地域で発行するフリーペーパーをはじめ、ポータルサイト、共通ポイントカードの総合メディアCHIKUSKI**編集長である木村陽介さ...

主婦 大内田さん

長崎県で生まれ、長崎の大学時代に現在のご主人と出会い、横浜に移り住む。子どもの妊娠を機に、ご主人の実家がある飯塚にやってき...

EASYLAND 長谷川さん

16歳の頃に英語を学ぶ為にニューヨークの高校に進学。卒業後、ロサンゼルスの大学で景観建築を学び、卒業後はカリフォルニアの建築関連...

寿司まつばら 松原さん

福岡市にある老舗懐石料理店「なだ万」にて10年間寿司職人として活躍し、九州が誇る新鮮食材の個性を存分に引き出した、江戸前寿司を...

元野木書店 元野木さん

明治10年に創業した元野木書店の専務取締役として働く元野木正比古さん。飯塚で生まれ、大学進学を機に関東へ移り神奈川、東京で学生...

Miso Labo 安藤さん

飯塚で生まれ、愛媛県松山市の中学校に進学。東京の大学を入学後、映像制作会社などを経て2014年に帰郷。「実家が大正5年創業の味噌屋でし...

HAW 濱野さん

「アジアのシリコンバレーe-ZUKAの実現」を企業理念として、大学を中心とした教育機関向けのシステム開発と共にブロックチェーン技術…

カフェ 雲を蒔く 古川さん

古川さんの人生も旅するように各地を巡っている。千葉県で生まれ育ち、関東の専門学校卒業後は、ワーキングホリデーで海外に行く準備...