福岡に移住するなら飯塚移住計画。移住者の声

移住者の声-Interview-

2018.03.25

TONE GRAPHICS 木村さん

総合メディアCHIKUSKI**編集長 木村 陽介さん

 

 

内側しか見えない魅力を外側に発信する

 

 

山口県に生まれ、大学進学を機に飯塚市に移住。大学1年から飯塚市の街の人達と接することの多い学園祭実行委員に所属し、街や人の魅力に触れていく。特に学園祭のパンフレットを作る際には、約200社の協賛金を集い、深く街の人達と繋がっていくなかで、将来もその繋がりを大事にできる仕事ができればという想いを抱くように。そんな時に知人の紹介で、現在勤めている飯塚市のデザイン会社TONE GRAPHICSでインターンとして働き始める。国の登録有形文化財に指定されている嘉穂劇場で開催された“世界のCMフェスティバル”の運営のサポートなど、街づくりの面白さに触れていくなかで、この街に残ることを決意。

 

「学生時代を振り返った時に、飯塚を拠点に活動してきたことがすべてでした。よく大袈裟だと言われることですが、死んだ時にどれだけの価値が自分にあったかっていうところを突き詰めて考えたいと思っていて。飯塚という場所から全国一位のローカルメディアとして発信できる企業にしたいという想いが強くあって2011年に入社しました」。

 

 

飯塚の人に支えてもらえる関係性

 

 

入社当初は、がむしゃらに働きまくったという木村さん。フリーペーパーの広告営業や、2013年から毎年嘉穂劇場で開催しているイベント、GOTTON JAM(ゴットンジャム)の立ち上げなどを経験。多忙な日々に、途中で辞めようかという思いが頭をよぎったことも。「お客さんの言葉に救われましたね。『頑張りようよね』『期待しているよ』などの言葉が励みになって、きつい時期も乗り越えてこれました」。美容室や飲食店など、他業種の人との交流がたくさんある仕事。地域での交流の輪が広がり、休日には飯塚にある居酒屋の草野球チームに所属し、野球や釣りなどをして、充実した日々を過ごしている。

 

 

地域の魅力を暮らす人とともに伝える

 

 

飯塚の魅力は、暮らしている人だと話す木村さん。「普段いるコミュニティを飛び出して、地域の人と交流していく中で、こういう世界があるんだと毎回影響をうけています。何事に対しても熱い人が多いです。山笠などのお祭りや、居酒屋に行って店長と会話するなど、この町に暮らす人がもつ熱量を体感してほしいですね」。2016年に編集長に就任し、「ようやくやりたい事のスタート地点に立てたばかり」と語るように、木村さんの新しい挑戦はこれからも飯塚という町から続いていく。

 

 

 

 

 

【氏名】木村 陽介 【出身】山口県

【取材時の年齢】30歳 【移住歴】10年

【PROFILE】 山口県山陽小野田市生まれ。2007年、九州工業大学情報工学部に入学とともに福岡県飯塚市に移住。2011年、飯塚市内にあるデザイン会社TONE GRAPHICSに入社をきっかけに定住を決意。現在は、筑豊地域で発行するフリーペーパーをはじめ、ポータルサイト、共通ポイントカードの総合メディアCHIKUSKI**をプロデュースする編集長として活動している。その他、2013年から毎年嘉穂劇場で開催しているイベント、GOTTON JAM(ゴットンジャム)のオーガナイザーとしても活動中。

 

移住者の声一覧-Interview-

TONE GRAPHICS 木村さん

筑豊地域で発行するフリーペーパーをはじめ、ポータルサイト、共通ポイントカードの総合メディアCHIKUSKI**編集長である木村陽介さ...

主婦 大内田さん

長崎県で生まれ、長崎の大学時代に現在のご主人と出会い、横浜に移り住む。子どもの妊娠を機に、ご主人の実家がある飯塚にやってき...

EASYLAND 長谷川さん

16歳の頃に英語を学ぶ為にニューヨークの高校に進学。卒業後、ロサンゼルスの大学で景観建築を学び、卒業後はカリフォルニアの建築関連...

寿司まつばら 松原さん

福岡市にある老舗懐石料理店「なだ万」にて10年間寿司職人として活躍し、九州が誇る新鮮食材の個性を存分に引き出した、江戸前寿司を...

元野木書店 元野木さん

明治10年に創業した元野木書店の専務取締役として働く元野木正比古さん。飯塚で生まれ、大学進学を機に関東へ移り神奈川、東京で学生...

Miso Labo 安藤さん

飯塚で生まれ、愛媛県松山市の中学校に進学。東京の大学を入学後、映像制作会社などを経て2014年に帰郷。「実家が大正5年創業の味噌屋でし...

HAW 濱野さん

「アジアのシリコンバレーe-ZUKAの実現」を企業理念として、大学を中心とした教育機関向けのシステム開発と共にブロックチェーン技術…

カフェ 雲を蒔く 古川さん

古川さんの人生も旅するように各地を巡っている。千葉県で生まれ育ち、関東の専門学校卒業後は、ワーキングホリデーで海外に行く準備...