福岡に移住するなら飯塚移住計画。移住者の声

移住者の声-Interview-

2018.03.25

寿司まつばら 松原さん

 

寿司まつばら店主 松原 秀幸さん

 

 

移住のきっかけは、人柄に惹かれて

 

 

福岡市にある老舗懐石料理店「なだ万」にて10年間寿司職人として活躍し、九州が誇る新鮮食材の個性を存分に引き出した、江戸前寿司を堪能できるお店「寿司まつばら」店主の松原秀幸さん。飯塚に移り住むきっかけは、出店先のビルのオーナーの一声だという。「前職の常連だった方から、飯塚市内にビルを建てるという目標を聞いていて、実際に実行されました。その行動力や人間性に惹かれて、テナントにお店を構える覚悟が決まりました」と話す松原さん。飯塚のシンボルともいえるボタ山をイメージさせる半ピラミッド型のビル「NERO BOTANICA」2階に店舗を構え独立を機に、家族で福岡市から飯塚に移り住む。

 

 

お店を通して、人の輪が広がる

 

 

「友人も親戚も誰もいないし、全く飯塚のことを知らない状況でした(笑)。でも、どの場所にお店を構えるとしても、やることは同じなので、不安はありませんでしたね」と話す松原さん。訪れたお客さんや飲食店の繫がりで、人の輪が広がっていく。「飯塚の方は、人情味がある人が多いです」と、”人柄に惹かれて”始まった飯塚生活も自分の居場所を見つけ5年を超える。

 

 

 

 

この町で過ごす穏やかな日常

 

 

「飯塚は賃貸物件の家賃も安く、自然豊かな場所で住みやすいですね」。市内にある総合公園「筑豊緑地」は、お気に入りの場所の一つと話す松原さん。休日には近所の公園で子どもと遊び、家でのんびり過ごすことも多いとのこと。「温かな人達がいるこの飯塚で、これからも家族全員でのびのびと過ごしていきたいですね」。

 

 

 

 

 

【氏名】 松原 秀幸 【出身】大分県

【取材時の年齢】 41歳 【移住歴】5年半

【PROFILE】1977年生まれ、大分県出身。老舗懐石料理店「なだ万」にて10年間寿司職人として勤務後、飯塚市内にあるビル「NERO BOTANICA」2階に「寿司まつばら」として独立。九州が誇る新鮮食材の個性を存分に引き出し、江戸前寿司を堪能できる。飯塚市在住、1児の父親。

移住者の声一覧-Interview-

TONE GRAPHICS 木村さん

筑豊地域で発行するフリーペーパーをはじめ、ポータルサイト、共通ポイントカードの総合メディアCHIKUSKI**編集長である木村陽介さ...

主婦 大内田さん

長崎県で生まれ、長崎の大学時代に現在のご主人と出会い、横浜に移り住む。子どもの妊娠を機に、ご主人の実家がある飯塚にやってき...

EASYLAND 長谷川さん

16歳の頃に英語を学ぶ為にニューヨークの高校に進学。卒業後、ロサンゼルスの大学で景観建築を学び、卒業後はカリフォルニアの建築関連...

寿司まつばら 松原さん

福岡市にある老舗懐石料理店「なだ万」にて10年間寿司職人として活躍し、九州が誇る新鮮食材の個性を存分に引き出した、江戸前寿司を...

元野木書店 元野木さん

明治10年に創業した元野木書店の専務取締役として働く元野木正比古さん。飯塚で生まれ、大学進学を機に関東へ移り神奈川、東京で学生...

Miso Labo 安藤さん

飯塚で生まれ、愛媛県松山市の中学校に進学。東京の大学を入学後、映像制作会社などを経て2014年に帰郷。「実家が大正5年創業の味噌屋でし...

HAW 濱野さん

「アジアのシリコンバレーe-ZUKAの実現」を企業理念として、大学を中心とした教育機関向けのシステム開発と共にブロックチェーン技術…

カフェ 雲を蒔く 古川さん

古川さんの人生も旅するように各地を巡っている。千葉県で生まれ育ち、関東の専門学校卒業後は、ワーキングホリデーで海外に行く準備...