福岡に移住するなら飯塚移住計画。移住者の声

移住者の声-Interview-

2018.03.25

HAW 濱野さん

株式会社ハウインターナショナル 濱野さん

 

 

学外活動に熱中した学生時代

 

 

「アジアのシリコンバレーe-ZUKAの実現」を企業理念として、大学を中心とした教育機関向けのシステム開発と共に、ブロックチェーン技術の普及と研究開発を行っている株式会社ハウインターナショナルに勤務する濱野彰彦さん。山口県下関市に生まれ、大学進学を機に飯塚へ移住。その学生時代に出会った地域の人達との出会いが、濱野さんの人生を変えることになる。

大学時代に、大学の先輩で現社長を含むメンバーと共に、飯塚の人と共に地域活動に積極的に参加していた。商店街で開催されるお祭りを盛り上げ、公民館で小学生を集めて科学実験教室を行い、幼稚園の空き教室を借りて補習塾や川を守る活動に関わるなど、その活動は多岐にわたる。

「社会で働く大人と接する機会が少ない大学生の頃に、地域に根差して活動している経営者や熱い思いを持ってまちづくりに関わっている方々と話ができるのが刺激的で、為になるお話をたくさん聞けたりして、そういう環境がすごく面白かったです。この町は何か挑戦したいという学生を受け入れる土壌があると思います。この町での様々な出会いや活動を通じて、自分がアクションをおこせば、少しずつ社会が動くという体験ができたことが、その後の人生で大きな力になっています。」と当時を振り返る濱野さん。

 

 

働く場所がなければ、自分達で働く場所を作る

 

 

卒業後、先輩が飯塚市内に起業した会社に入社し、現在は全国の大学で大学改革の支援を行っている。

「“飯塚という町を活性化する”という想いから、学生時代に地域活動をしていた先輩達が会社を設立しました。卒業後どうしようかなと悩んでいた時期に夜中にロイヤルホストに呼び出され、会社のビジョンなどの話しに共感し、気づいたら握手をしていました(笑)」。

その前から、福岡・北九州市まで1時間、東京・上海までも飛行機で2時間程の距離にある、飯塚の場所が持つアクセスの良さに可能性を感じていた濱野さん。市内には九州工業大学情報工学部、近畿大学産業理工学部、近畿大学九州短期大学の3つの大学があり、「卒業後に働く場所がないのであれば、自分達で働く場所を作ろう」という試みも、入社を後押ししたきっかけの一つ。

 

 

 

 

挑戦する人が集う町へ

 

 

「卵は養鶏場の直売所で購入して、お肉はお肉屋さんで買って、時々贅沢する時はあそこのお店に行こうと、飯塚の中にお気に入りのお店がいくつかあるとより楽しんで生活できますね」と、町での楽しみ方を教えてくれた。

「大学生の頃から振り返ると、色々な人が大きな挑戦や小さな挑戦も含めて、一歩を踏み出せる環境がこの町にはありますね。誰かがこういう事をやりたいと言うと、『面白いね』って応援してくれる人達がいます。それをやっている人が楽しいと思い、そのことを楽しめる人達が集まり、結果的に人が育ち、地域全体が盛り上がっていく。主体性は一人ひとりが持っているもので、ただ何かがブレーキになってたりすることもある。だけど、そのブレーキが外れやすい環境が、飯塚にはあるよと薦めたいですね。挑戦する人達が増えていき、そういったコミュニティーが活性化していくと、シリコンバレーのように、挑戦する人が集う町に繋がっていくと感じています」と、今後の未来を語っていた。

 

 

 

 

 

【氏名】 濱野 彰彦 【出身】山口県

【取材時の年齢】40歳 【移住歴】 23年

【PROFILE】山口県下関市生まれ。1996年の大学進学で飯塚市に移住。学生時代に商店街や公民館の方々と関わり、筑豊地域の魅力を強く感じる。卒業と同時に、先輩が起業した会社に入社し、現在は全国の大学で大学改革の支援を行う。土日は、コーチングやコミュニケーション、恋愛・夫婦関係、ビジネス構築のセミナーで講師を務める。

移住者の声一覧-Interview-

TONE GRAPHICS 木村さん

筑豊地域で発行するフリーペーパーをはじめ、ポータルサイト、共通ポイントカードの総合メディアCHIKUSKI**編集長である木村陽介さ...

主婦 大内田さん

長崎県で生まれ、長崎の大学時代に現在のご主人と出会い、横浜に移り住む。子どもの妊娠を機に、ご主人の実家がある飯塚にやってき...

EASYLAND 長谷川さん

16歳の頃に英語を学ぶ為にニューヨークの高校に進学。卒業後、ロサンゼルスの大学で景観建築を学び、卒業後はカリフォルニアの建築関連...

寿司まつばら 松原さん

福岡市にある老舗懐石料理店「なだ万」にて10年間寿司職人として活躍し、九州が誇る新鮮食材の個性を存分に引き出した、江戸前寿司を...

元野木書店 元野木さん

明治10年に創業した元野木書店の専務取締役として働く元野木正比古さん。飯塚で生まれ、大学進学を機に関東へ移り神奈川、東京で学生...

Miso Labo 安藤さん

飯塚で生まれ、愛媛県松山市の中学校に進学。東京の大学を入学後、映像制作会社などを経て2014年に帰郷。「実家が大正5年創業の味噌屋でし...

HAW 濱野さん

「アジアのシリコンバレーe-ZUKAの実現」を企業理念として、大学を中心とした教育機関向けのシステム開発と共にブロックチェーン技術…

カフェ 雲を蒔く 古川さん

古川さんの人生も旅するように各地を巡っている。千葉県で生まれ育ち、関東の専門学校卒業後は、ワーキングホリデーで海外に行く準備...