福岡に移住するなら飯塚移住計画。移住者の声

移住者の声-Interview-

2018.03.25

あんど 粟村さん

 

 

Awa’s Nightfall Diningroom あんど-AND- オーナー 粟村さん

 

 

大学進学を機に飯塚へ

 

 

広島県で生まれ、飯塚市内にある大学進学を機に飯塚に移り住んだ粟村浩明さん。学生時代に働いた、市内にある洋服屋でのアルバイトが、この町にずっと住み続けているきっかけの一つだという。大学卒業時に広島の方に就職は決まっていたが、アルバイト先の社長に 人柄や仕事ぶりを気に入られ、お店に残ってくれないかと誘われる。「ゆくゆくはお店を持ちたいと思っていたこともあり、そのまま飯塚に残りました」。10年以上同店舗で勤務。アパレルの景気の流れから、“飲食のお店をしたい”と思うようになりお店を辞め、2年間飲食店で修行後、市内に「Izakaya あんど ~A.N.D~」をオープンさせる。

 

 

人情味溢れて情に厚い人の気質

 

 

「接客業や夜に飲食店で出会う飯塚の人達は、人情味溢れて情に厚い人が多いです。そういう人達が住んでいる町だから、ずっと住み続けているのかもしれません」と粟村さん。 町並みは移り変わっていくが、飯塚市民に根付いてる人柄は変わらないという。博多・小倉まで車で1時間程度のアクセスの良さも魅力のひとつ。「自然豊かな場所で、近くにスーパーや病院もあり、生活する上で不便だと感じたことはないですね」。

 

 

 

ブレない想いが周囲を巻き込む

 

 

飯塚の町を盛り上げようと日々活動している粟村さん。市内のお祭りである「筑前の國いいづか街道まつり」の実行委員会として動き、炭坑のまちで古くから愛されてきたホルモン料理の味や文化を継承しつつ、各店舗が個性あふれる新メニューを生みだすご当地グルメ「飯塚伝説ホルモン」の促進会の一員でもある。さらに、粟村さんが発起人となり、市内の飲食店・飲食産業を盛り上げる為に「i i いいんかい」を立ち上げる。夏には「ゆかたで夏夜を楽しむ」をコンセプトにしたイベントを主催する。粟村さんの呼びかけで18店舗が参加している。「もともとイベント事が好きなこともありますが、こういったイベント を機に、このまちに訪れる人が増えてくれたら嬉しいですね」そのブレない想いが、協力している人達や、周囲の人も巻き込み、活動を通じて飯塚全体に広がっていくだろう。

 

 

 

 

 

【氏名】粟村 浩明 【出身】広島県

【取材時の年齢】46歳 【移住歴】28年

【PROFILE】広島県福山市生まれ。1990年、当時近畿大学九州工学部に入学とともに福岡県飯塚市に移住。現在は、飯塚市街地で居酒屋を経営。飯塚市のお祭り「筑前の國いいづか街道まつり」の実行委員会、飯塚のご当地グルメ「飯塚伝説ホルモン」の促進会に在籍して市の活 性やPRの為に日々活動している。また2年前に飯塚市街地の飲食店を盛り上げようと「i i いいんかい」を立ち上げ様々なイベント等企画、主催をしている。

移住者の声一覧-Interview-

TONE GRAPHICS 木村さん

筑豊地域で発行するフリーペーパーをはじめ、ポータルサイト、共通ポイントカードの総合メディアCHIKUSKI**編集長である木村陽介さ...

主婦 大内田さん

長崎県で生まれ、長崎の大学時代に現在のご主人と出会い、横浜に移り住む。子どもの妊娠を機に、ご主人の実家がある飯塚にやってき...

EASYLAND 長谷川さん

16歳の頃に英語を学ぶ為にニューヨークの高校に進学。卒業後、ロサンゼルスの大学で景観建築を学び、卒業後はカリフォルニアの建築関連...

寿司まつばら 松原さん

福岡市にある老舗懐石料理店「なだ万」にて10年間寿司職人として活躍し、九州が誇る新鮮食材の個性を存分に引き出した、江戸前寿司を...

元野木書店 元野木さん

明治10年に創業した元野木書店の専務取締役として働く元野木正比古さん。飯塚で生まれ、大学進学を機に関東へ移り神奈川、東京で学生...

Miso Labo 安藤さん

飯塚で生まれ、愛媛県松山市の中学校に進学。東京の大学を入学後、映像制作会社などを経て2014年に帰郷。「実家が大正5年創業の味噌屋でし...

HAW 濱野さん

「アジアのシリコンバレーe-ZUKAの実現」を企業理念として、大学を中心とした教育機関向けのシステム開発と共にブロックチェーン技術…

カフェ 雲を蒔く 古川さん

古川さんの人生も旅するように各地を巡っている。千葉県で生まれ育ち、関東の専門学校卒業後は、ワーキングホリデーで海外に行く準備...